玄関 / ライブラリ / CD-RRW / GP-494 /

 

 

●世界星紀行 「ベツレヘムの星」

ノイズなし
NHK総合 10min 2004-02-12 Air ckeck by Sony Giga Video Recorder v4 Stereo

>2021-01取出済





●わくわく授業−わたしの教え方− 「納得するまで 調べよう」 〜益田正晴先生の社会科(小5)〜


兵庫県加西市西在田小学校の益田正晴先生は、提案型授業という独特の手法で
子ども達の調べる力、プレゼンテーションの力を育てている。今回紹介するのは小学校5年の地理。
子ども達は北海道の地理を学ぶ。授業は、先生が子ども達にある人物からの手紙を配る事から
始まる。「みんなの住む兵庫県加西市から北海道十勝地方に引っ越してきました。こちらでの
暮らしがすっかり気に入ったので新しく仕事につこうと思います。仕事の内容は問いませんが
ここ十勝地方ならではの仕事につきたいと思います。みなさん探してもらえませんか?」
手紙の差出人は木村英二さん、35才。誠くんと桜ちゃんの二児の父で加西市の建設会社に勤める
サラリーマンだ。この木村さん、実は子ども達のやる気を引きだそうと先生が作った架空の人物だ。
子ども達は、木村さんの為に何とか十勝らしい職業を探そうと十勝地方の気候・風土・産業を
調べ始める。続いての授業、先生は各自が調べ「これは!」と思った仕事を発表させる。
子ども達はキャンプ場経営、温泉経営、牧場経営、畑作、乳製品工場に勤務など、様々な仕事を
思いついた。ここからは討論の時間だ。「十勝に乳製品の工場がいくつあるか」「十勝産小豆は
どんな長所があるか」子ども達はお互いに討論しそれぞれの「提案」の優れている点を主張する。
ルールはただ一つ、「反論には証拠を出すこと」。有効な証拠を見つけ出せなかった子どもは、
放課後も家族に聞いたりインターネットで調べ自分の提案を補強していく。
調べて発表する授業を通して、子ども達が知らず知らずのうちに知識を身につけ、
相手を説得する技術も学ぶ益田先生の授業を紹介する。
(text from NHK site)

ノイズなし
NHK教育 25min 2004-02-12 Air ckeck by Sony Giga Video Recorder v4 Mono (MPEG-1)

>2021-01初取出済








 

ページ先頭へ