Polygon

[ DR-3341〜3348 ] 詳細    |このページを閉じる|





●「転生したらスライムだった件」


シリーズ累計1000万部突破の超人気作が待望のアニメ化。原作は、<strong>小説投稿サイト「小説家になろう」で伏瀬氏が発表した同名小説のコミカライズ(講談社『月刊少年シリウス』連載中 / 漫画:川上泰樹)。小説もGCノベルズから単行本(マイクロマガジン社刊/イラスト:みっつばー)が刊行中。主人公リムルは、ドラゴンにゴブリン、ドワーフやオーガなど多種多様な種族と出会い、世界のあり方を知っていく。そして、時にユーモラス、時にシリアスに展開する物語の先に待つのは、魔王の存在。一匹のスライムが身につけたスキルを駆使し、知恵と度胸で仲間を増やしていく。ファンが待ち望んでいた転生エンターテインメント、いよいよアニメで開幕!

◎第1話 「暴風竜ヴェルドラ」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
サラリーマン、三上悟は通り魔に刺されて死んだ。暗闇の中で意識が戻ると三上はなんとスライムになっていた!何もすることがないので薬草と鉱石を食べて暇を潰すスライム三上。そのうち、300年前にこの地で勇者によって、スキル“無限牢獄”で封じられた暴風竜ヴェルドラと遭遇してしまう。最初は怯えていたものの、話していくうちにスライム三上は、ずっとひとりぼっちのヴェルドラと友達になってしまう。スライム三上はヴェルドラから自分が、この世界でも珍しい<転生者>であることを聞く。

◎第2話 「ゴブリンたちとの出会い」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
友達となったスライム三上と暴風竜ヴェルドラは互いに名前を送り合う。ヴェルドラはスライム三上にリムルの名を送り、リムルはお互いのファミリーネームをテンペストと名付けた。そして、リムルはヴェルドラの封印を解くためスキル・捕食者でヴェルドラを体内に取り込んだ。ところがこれによってジュラの大森林周辺の国家に衝撃が走る。リムルに取り込まれたことでヴェルドラの脅威が消失したため、ジュラの大森林を通って大国が小国へ侵攻することも可能になる。そんなことはいざ知らずリムルは洞窟を抜け、ゴブリンたちと遭遇する。

◎第3話 「ゴブリン村での戦い」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
洞窟を出たリムルが出会ったのは、牙狼族の襲撃に追い詰められたゴブリンたちだった。なりゆきでゴブリンの村を助けることになるリムル。その夜、牙狼族がゴブリンの村を再び襲撃する。しかし、リムルのスキルを生かした作戦が功を奏し牙狼族が次々と倒れていく。ボスをやられ、リムルの圧倒的な力に屈した牙狼族は、リムルの配下になることを誓う。リムルは自らを慕うゴブリンと牙狼族に名前をつけ、ゴブリンはホブゴブリンとゴブリナ、牙狼族は嵐牙狼族(テンペストウルフ)へと進化する。

◎第4話 「」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


◎第5話 「」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


◎第6話 「」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


◎第7話 「」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


◎第8話 「」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



(text from official site) http://www.ten-sura.com/story/







ページ先頭へ